わきがよさらば。もう臭いに悩まされることはない。

小学生の頃からわきがだった私。中学ではあまり気にしなかったものの、高校に入って好きな人が出来たりするととても気になっていて、若干鬱にもなっていました。
高校を卒業後しばらく無職の期間があったので、その間にわきがの手術をしました。保険がきいて片方2万円といったところでした。剪除法だと再発の可能性や跡が残ったりするらしいですが、とにかく臭いとおさらばしたかったので即手術。両方一気にやってしまうと私生活が大変なので、片方ずつやりました。脇のみの局部麻酔ですが、それでも皮を引っ張られている感覚があり「うわー」ってなりました。手術が終わるとすぐに帰宅できるのですが、最初二日程度はお風呂が禁止でした。その後は病院に通いつつ脇を濡らさないようにシャワーを浴びる許可をもらえました。でも腕をあげることができないので、家族と暮らしていたりするなら、髪を洗うのは家族に頼ったほうが楽でいいというのが私の経験です。一週間程経つと包帯やガーゼもとれ、透明な防水テープを貼られてお風呂も普通に入っていいようになりました。手術から2週間経ち、抜糸をしてもう片方のわきが手術をしました。その後のことは前回と同じです。約一か月で両脇ともわきがとさよならをすることができました。手術跡はどんどん消えていき、数年たった今では何処を切ったのかもわかりません。そして臭いもまったくありません!夏場になると家族から臭いと言われていたのに脇に近づくレベルじゃないと感じないと言われるレベルになりました。わきがで悩んでいる人、手術をしたいけど再発とかが…と思っている人は、思い切ってやってみてほしいと思います。
余談ですが、手術すると腋毛が一部生えてこなくなるので(皮膚の裏側を毛根ごと切ってしまうため)いっそ腋毛の永久脱毛をしてしまうのもアリだと思います。