品川スキンクリニック 千葉院で受けることができるわきが治療について

わきがは、脇の皮膚内部にあるアポクリン腺から出る汗が、脇に棲む菌によって分解されることで起こります。
菌によって汗が分解されると、独特な臭いが発生しその臭いはケアをしていてもなかなか防ぐことができません。
ところで、品川スキンクリニック 千葉院では、わきがに悩む方が気軽に受けることのできるわきが治療法があります。
今回はその治療法について紹介するので、参考にして下さい。

プチ多汗症治療でわきがケア

品川スキンクリニック 千葉院で受けることのできるわきが治療法は、プチ多汗症治療というものです。
プチ多汗症治療の場合、脇にボツリヌストキシンというたんぱく質を注入します。
これを注入すると、アポクリン腺などの汗腺にある神経に作用し、汗の分泌量を減らすことができるのです。
脇の汗の分泌量が減少すれば、わきがの症状が軽くなります。

症状が軽い人向け

先ほどもお伝えしたように、プチ多汗症治療はわきがの症状を軽くする治療です。
治療時間も10分程度と非常に短く、気軽に治療が受けられるのですが、その一方でわきがを完全に除去することはできません。
また、わきがが重く臭いが強い方の場合、あまり効果的でない場合もあります。
したがって、プチ多汗症治療は、わきがの症状がそこまで重くなく、ひと夏の間わきがから解放されたいという方が受けると良いでしょう。
治療による効果の持続は治療後約4か月となっているので、暑くなるタイミングを見計らって治療を受けに行くと効果的ですよ。