多汗症を治療できる?わきが治療と多汗症ボトックス注射について

わきがであると同時に、多汗症であることに悩まされている方は思い切ってクリニックでの施術を検討してはいかがでしょうか。クリニックでの施術はハードルが高いかもしれませんが、間違いなく選ぶだけの魅力を持っています。

多汗症とボトックス注射

多汗症治療に使われる一つの手段が、ボトックス注射です。ボトックス注射という単語自体は、耳にしたことのある方も多いのではないでしょうか。美容外科などでも耳にするボトックス注射ですが、数あるクリニックの施術方法の中でも非常に効果のある施術方法として知られています。また、多汗症とわきがは密接に結びついており、この二つが併発しているケースも珍しくありません。どちらかの動きを止めるためにも、ボトックス注射は効果的なのです。

痛みはあるのか

注射と聞いて気になる痛みですが、痛みを感じる方も少なくありません。もちろん麻酔は打たれますが、痛みはどうしても個人差の生まれるものなので可能性は否定できません。また、施術後すぐは腫れが見られる可能性もあるため、服装にも注意しましょう。

効果の持続について

ボトックス注射の持続時間についてですが、おおよそ半年が目安となるケースが多いようです。そのため、汗をかきやすい夏場に備えてボトックス注射を打っておく、といった使い方がもっぱらでしょう。夏は薄着をしやすく、汗が目立ちがちです。それが蒸れてわきがの助長に繋がることも考えられるため、一つの対策として検討してみましょう。