わきがでなくても服が黄ばむって知っていますか?

脇汗をかくと服が黄ばんで困っていませんか?
お気に入りの服が黄ばんでしまうと、とても悲しくなりますよね。
今回は、その原因と対策を知ることで、快適におしゃれを楽しめる方法を紹介したいと思います。

服が黄ばむ理由ってなに?

服の黄ばみの原因は、主に4つにわかれます。

汗の成分によるもの

汗を出す汗腺には2種類あります。
透明で匂いもないエクリン腺と、白くて粘り気のあるアポクリン腺です。
アポクリン腺からは、様々な成分が汗として分泌されます。
その中に「リポフスチン」という色素成分があり、これが衣服につくと黄ばみます。
リポフスチンは脂質やたんぱく質を多く好むため、アポクリン腺はリボフスチンにとって格好の場所となります。
そのため、アポクリン腺の数の多いわきがの人は服が黄ばみやすくなります。

制汗剤によるもの

制汗剤は、汗と臭いを軽減しますので、黄ばみ防止になると考える方もいると思います。
体に合うものであれば、汗を抑えるため、黄ばみにも効果的です。
しかし、制汗剤には色んな成分が含まれており、また、メーカーによっても使われる成分に違いがあります。
成分が体に合わなかった場合、汗と化学反応を起こし黄ばむことがあります。
制汗剤を使っている場合は、種類を変えてみて、黄ばみがなくなるようなら、原因は制汗剤ということになります。

汗腺機能の低下

体が疲れている時や、エアコンの効いた部屋に長くいると、汗をかかない時間が増えます。
汗をかかないことで汗腺の働きが悪くなり、本来はほぼ水分の汗を出すエクリン腺から、鉄分を含むミネラル成分が分泌されます。
ミネラル分の血小板成分は色がついていることが多く、黄ばみの原因となります。

精神的緊張

緊張して汗が止まらない経験は誰もがしたことがあると思います。
この場合にかく汗はアポクリン腺から分泌されます。
上述の通り、アポクリン腺からの汗は、服を黄ばませます。

服が黄ばんでしまったら?

服が黄ばんでしまった時には、次の3つの方法が有効です。

皮脂汚れに使い洗剤を使う

黄ばみというのは皮脂の汚れですので、皮脂汚れをしっかり落とすことのできる洗剤が有効です。
洗剤には界面活性剤が含まれており、皮脂を分解してくれます。
洗剤選びの際には界面活性剤の含有量が多いものを選ぶと良いでしょう。

お湯で洗う

台所で食器類を洗う時、油ものではお湯を使うとよく落ちますよね。
皮脂汚れでも同じことが言えます。
漬け置き洗いをすると、より効果的です。

重曹を使う

重曹には漂白効果がありますので、黄ばみを落とすことができます。
割合としては、500mlに対し大さじ1が目安です。
さらに、酸素系漂白剤と一緒に使うとより効果が強くなります。
重曹は安価ですし、生地も傷みにくいので特におすすめです。

このように、服が黄ばんでしまう理由はいくつかあります。
原因と対策を知ることで、お気に入りの服も安心して着ることができます。
また、わきがが原因の場合は治療することで、服が黄ばむ回数を圧倒的に減らすことができます。
わきがはなかなか自分では気づきにくいものです。
気になる場合は、専門医に早めに相談しましょう。